あゆ!

こんにちは。

先日、いつも好くして頂いている釣りプロのGさんから、飛騨の小鳥川で釣って来た鮎を沢山頂きました。

去年も沢山頂きましたが、今年も大漁だったみたいで、20匹程、ご馳走になりました。

家族皆、「唐揚げがいい!」って事で全部唐揚げに。20匹のあゆ達は食べ盛りの我が息子らに、あっという間に瞬殺されたのでした。

ワインはブルゴーニュアリゴテかムスカデがほしいところですが、手持ちがなく、サントリー金麦とのコラボとなりました。

G店長、ごちそうさまでした!

 

 

 

カレーライスとワイン!?

皆さんこんにちは。

今まで長い間親しまれてきたキッチン飛騨のビーフカレーが味わいも新しく、さらにグレードアップ!お値段もリーズナブルな、皆様に親しみやすいカレーへと生まれ変わりました。

そんなことで今回はカレーライスとワインについてです。

 日本人が週に一回は食べるといわれているカレーライス。ワインとの相性はどうかというと、以前からとても合わせにくい組み合わせと言われております。

その強烈な数10種類のスパイスの香りと辛さ、口の中にいつまでも残る味の余韻の長さ、服にまでしみこむ香りの強さ・・・。

こういった事が繊細な味と香りを持つワインとは合わせにくいと言えるでしょう。

「カレーライスには水が一番!」

でも、もしワインと一緒にカレーライスを食べるとすれば、「スプリッツァー」がお勧め。スプリッツァーは主に白ワインをソーダーで割って飲む夏向きのワインカクテルです。アルコールも少なく、爽やかでまるでレモン水のような、とてもお水に近いカクテルです。スプリッツァーとはドイツ語でソーダーがはじける音をあらわす語「スプリッツエン」が由来のカクテルです。

新しくなったキッチン飛騨のカレーと是非お試しを‼

 

 

夏のステーキに合うワインはこれで決まり!

皆さんこんにちは!

春のワインに続き、今回は暑いシーズンに食べるステーキに合うワインにを見つけました![プリヴァーダ・マルベック/ボデガ・ノートン」です。

 

アルゼンチン原産のとてもパワフルで、濃厚な赤ワインです!アルゼンチン赤ワインを代表する赤ワインの最高ブドウ品種、マルベック100%のワインです!日本へは初上陸、660本限定と輸入量もごく少量!ぜひお試しを!!

 

 

 

 

飛騨の大祭(おおまつり)

皆さんこんにちは。

GWの5月3日から6日まで飛騨一ノ宮水無神社において「飛騨の大祭」にあたる飛騨一ノ宮水無神社式年大祭が開催されました。

飛騨の大祭とは、主催する神社が飛騨中の神社を招請して天下泰平・五穀豊穣などを祈願する飛騨地域独自のもので、全国でも類を見ない行事です。期間中は約、300の神社が招請され、6,800人が参向し、約10万人の人出が予想されました。

この行事はなんと昭和35年以来、なんと57年ぶりだそうです。

今回ゴーポンは町内の神社委員を担っていた為、行列に参列しました。

GWという忙しい最中、仕事を抜けてしまい、レストランのスタッフには本当に申し訳なかったです。

当日は快晴だったものの、風が強く、花粉症のゴーポンは目は痒く、鼻水は垂れるわ靴擦れは出来るわ、持病の膝は痛いわで、もう最悪最低のコンディションでした。

でも、大祭が終わってみると、やり終えた達成感でとても清々しい気分でした。一緒に行列に参加した方がって言ってくれました。「57年ぶりの役に当たったんやぁ!宝くじも当たるかもしれんぞぉ」。

そのお言葉に感謝です。宝くじ、買おうと思います。

春のワイン

皆さんこんにちは。雪国の地、飛騨高山にもようやく春がやってまいりました。冷涼でうららかなこの季節にはロゼワインがとってもおすすめです。お花見のシーンでも、その色合い、香りが場を盛り上げてくれるでしょう!

今春はニュージーランド産の桜色ロゼです。

白ブドウのソーヴィニヨンブラン95%で造られた、クリーンでフレッシュな白ワインです。また、日本限定ってところも惹かれます。

ご来店の際は是非どうぞ!