一番おいしいワインってどんなワインですか?

 

『一番おいしいワインってどんなワインですか?』

はいはい。
この質問よくこういう風に聞かれるんですよ。
「今まで飲んだワインの中で一番おいしかったワインはどれですか?」ってね(^_^)

でもこの質問には正直言ってしまうと答えようがないんです。
というのは、ワインっていうのは

【いつ・誰と・どんな目的で・どんなシチュエーションの中で】飲んだか で、味が決まってしまうんですね(*^_^*)

いくら高価なワインでも風邪をひいている時に飲んだっておいしくないし、
嫌いな人と飲んだってちっともおいしく感じませんよね?☆

反対にどんなに安くて好みでないワインでも
大好きな人と飲めばすごくおいしく感じるし、味も覚えているものなのです(>_<)

つまり、「何を飲めばおいしいか」ではなく、
どんな環境で飲むのかさえきちんと分かっている事が大切なのです(うんうん。←自分で納得してしまった・・・)

ひとりぼっちで5万円のシャトーマルゴ飲んでもおいしくないですよね☆
大切な事は「おいしいか」ではなく、「おいしく感じるか」(^_^)

ちなみにゴーポンが一番おいしいと思うのは
4~5人でいろんなワインを飲みながら、あ~でもない、こ~でもないと言いながら飲むワイン達で~す!!

では、次回お楽しみに~☆

ロゼワインって甘いんじゃないの??

 

淡いピンク色に輝き、心の疲れも癒してくれそうな やさしく そしてちょっぴりセクシーな色のワイン・・・それがロゼワインです(*^_^*)

その色調からは少し酸味があってやさしい甘さを想像される方も多いと思います。
で、今回のこの質問なんですけど、大まかに言うとやや甘口のタイプが多いのは確かですね★
でもしっかりした辛口もちゃんとあるのですよ!これが!!

フランスワインにはフランス三大ロゼというのがありまして、その内の2つは何と辛口なんです(^_^)

で、その三大ロゼというのが、1つはアンジュロゼ。
やや甘口であまりにも有名ですね☆中華料理とよく合うと言われています(^_^)

2つ目はマルサネロゼ。ブルゴーニュ地方の北部で造られます。

3つ目はタヴュルロゼ。赤ワインかと思う程しっかりしていて長熟も可能なタイプです☆
あと有名なものでプロヴァンスロゼというのがあります(*^_^*)

ロゼワインは白と赤のちょうど中間的なワインで、白ワインのフレッシュさと、赤ワインの渋みや香りを合わせ持つ どんな料理にでも気楽に合わせやすいワインです(>_<)

夏の夜にバーベキューなどする機会がありましたら

 “絶対”ロゼワインを忘れないで下さい(o^_^o)

あの色と味わいがパーティーを一段と盛り上げてくれるでしょう(^_-)-☆

ワインを買うときはどんなところに気をつけて買えばいいの?

 

今やワインはリカーショップに限らず、コンビにやスーパーでも手軽に買う事が出来る様になりました。
 反面、ワインを雑に扱っている所も多く見受けられる様になりました・・・残念です・・・(;_;)

 ワインを買う上で店選びは非常に大切です。
ソムリエやワインアドバイザーがいるお店なら、まず心配ないと思いますが、そうでないお店で買う場合、次のような事をチェックして買いましょう★

 1.ワイン専用のセラー、又は冷蔵庫等で管理されているか
 2.頻繁にワインの安売りをしていないか(在庫があまってしまって処分品が多く劣
化したワインがあることが多いのです)
 3.ワインが直射日光の当たる場所で山積みにされていないか
 4.ワインの事を聞いてもちゃんと答えてくれない

 などです。

で、いざ買うとなったら次の事にも気をつけましょう☆

 1.ワインに液漏れの痕がないか(ワインが噴噴き出した可能性があります)
 2.線の部分が盛り上がっていないか(ワインの温度が以上に高くなった可能性があ
ります)
 3.ワインのラベルが汚れていないか(ワインを雑に扱っているかも?)

ま~大体以上のような事に気をつければいいと思います(^_^)
あっ。あと一番大切なこと!!それは「どんなワインが飲みたいのか」
ですね(*^_^*)

このコーナーはまだまだ続きます(^_^)
このコーナーが終わる頃、あなたは必ず自分の好きなタイプのワインをちゃんと見つ
けることが出来るでしょう。

栓を開けて残ってしまったワインは保存できるの!?

はい。これもよく聞かれます。
まぁ、出来る事ならその日のうちに飲んでほしいんだけど、
どうしてももう飲めない!!
と、いう場合は、小さなビンに移し変えるなど、空気が接する部分を出来るだけ少な
くして保存して下さい(^_^)

ワインは酸化する事によって味が変わるので、空気に触れることが一番ワインを変化
させるんです。密閉しても味を保てるのは
せいぜい3日!!( ̄□ ̄;)
覚えておいてね☆

お勧めする残ったワインの使い方は・・・
1.料理に使う♪
2.カクテルにしてしまう★

料理に使うのはよく知られていますが、カクテルにするのもご家庭で簡単に出来るん
ですよ(>_<)
白ワインだったら柑橘系のジュースと割ったり
赤ワインだったらカシスのリキュールなんかを入れて
ソーダで割ったりして(^ー^)b

ワインベースのカクテルって味がやさしくておいしいですョ(*^_^*)

是非お試しあれ~★☆★

白は冷やして、赤は常温で”って一体常温て何度なの??

 

はい。この説明って本当によくあちこちで耳にしますよね。
でも一体誰がこんなつかみ所のない言い方をされたんでしょうかね(*_*)
ワインは管理はもちろん大切だけど、おいしく飲む上で一番大切なのは温度だと思うんです。

もし本当に常温で飲むとすれば、夏の室温は25°~28°くらいになるから、そのくらいの温度で飲むって事になります(^_^;)
これってどう考えてもおかしいですよね?

ちなみに食べ物も飲み物もそうだけど、体温に近づけば近づくほど不味く感じるんだよね~。
で、「赤は常温で」の“常温”って一体何ぞや? ということになるんだけど、
これはおそらく、フランス宮廷内の室温の温度を指して言った事の様です。
フランスといえば北海道と同じくらいの所に位置する国。
つまり、どちらかといえばサム~い国なのです。
そんな国の石で造られた宮廷内の室温はおそらく、年間を通して15°~18°くらいだったと想像がつきます。
もうお分かりですね(^_^)
そうです☆赤の飲み頃温度は15°~18°くらいという事になります。

でもいちいち温度計で測るなんて訳にもいきませんよね(^^ゞ
大まかな目安としてボトルを触ってみて、ひんやり と感じるくらいが大体15°くらいだと思っていいと思います。
ま~ でも夏の暑い夜なんかだと、フレッシュな赤だったらもっと冷やして飲んでも、これまたいいですよね~(^^♪

では、次回をお楽しみに~☆